印鑑の種類

印鑑と一言でいっても、様々な種類のものがあるかと思います。
では、日常的に目にすることが多い印鑑のいくつかについてあげていきたいと思います。

「実印」とは

印鑑登録などを行うときに必要な印鑑となります。
フルネームであることが多いようではありますが、女性の方の中には結婚をして苗字が変るからということで名前だけというものを作ることも。
もちろん、登録は可能です。
正式な書類などに使うことが多いのもこの印鑑となります。

「認印」とは

1番日常的に使うものなのではないでしょうか。
サイン代わりに利用することが多く、宅配便などの受領証などに押すことも多いですよね。
簡単な書類の中には認印でも使用可能と言う場合もあります。

「銀行印」とは

口座を開設する際に使用する印鑑のことです。
1度その印鑑で登録をすると、変更手続きなどを行わない限りは同じ印鑑で無いと銀行においては作業を進められないという事もあります。

他にも、訂正印ですとか法人単位などで使用する印鑑と様々なものが存在しているのです。
ニーズにあわせて数種類の印鑑を持っておくと何かと便利かと思いますよ。
今では100円均一などでも売られている場合がありますが、長く使いたいようであればしっかりとしたものを作成しておくのも良いでしょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »