• ホーム
  • 自慰行為が原因でインポテンツになる場合

自慰行為が原因でインポテンツになる場合

2019年11月10日
考えている男性

インポテンツとは勃起不全のことです。
インポテンツになるにはいろいろな原因が考えられますが、その一つに自慰行為ということがあげられます。
何故自慰行為が原因でインポテンツになるのでしょうか。
これは自慰行為は、自分で行う行為なので、一番気持ちいい方法、気持ちいい場所を知っていて、気持ちよく行えます。
それにより、射精までの時間を調節したり、オーガズムを高めるように自分で刺激することが自在にできるのです。
そのような自慰行為に慣れてしまった場合、パートナーとの性行為が物足りないと感じることがあり、その結果インポテンツになる場合があるのです。
自分で行う場合、気分を高めるために雑誌を見たり、アダルト的なサイトを見て自慰行為を行う人がいます。
その環境に慣れてしまうと、彼女との性行為は喘ぎが少ない、そして反応が弱いなどで気分も盛り上がらないこともあるのです。
雑誌やインターネットはあくまで演出をしているのですが、現実にも求めてしまうようになります。
やはり架空の空間と現実は違うのですから理解をしなくてはいけませんが、性行為に関して盛り上がりに欠けるなどでインポテンツになることもあるのです。
そして自分で行う場合には、刺激をする強さや速さなど自由自在に調節をすることができます。
しかし、パートナーと行うセックスの場合は、膣のしまりの程度や腰の移動動作などで自分の好みとはほど遠い場合もあります。
そんな時にインポテンツになることもあるんです。
男性は外見上は強く見えても、実際は繊細です。
特に勃起に関しては繊細で、わずかなことでも性行為をするまで十分に勃起しないということもあるのです。
まずは自慰行為と現実の理解から始めることが大切です。